関西に本社をおく企業の特徴

関西に本社を置いている企業で、現在も様々なジャンルの業界の第一線で活躍している会社は多く存在しています。活躍している反面、地元の活性化や土地の人口の多さはやはり首都の東京などの大都市にはかなわないのが現状でもあります。ですが、企業数を東京都と比較してみると、大阪の企業数は約60%以上に達しており大きな差は開いてはおらず、関西の力強さは目覚しいものです。

関西地方には国内だけではなく、海外からの観光客が毎日たくさん訪れています。関西の企業はこの状況をもっと活性化するようにと様々なビジネスチャンスを狙ってきています。なので、もっと新しい企業が出てきて関西地方以外にも企業のどんどん進出していくでしょう。関西地方の企業はユニークにあふれるアイデアを出す独特な創造性があり、時には大胆な発想で多くのヒット商品をこれまでに生み出してきました。誰も思いつかない斬新な発想を実現させようとする起業家精神に溢れている人が現在の関西の企業で活躍をしています。

それは、京都に本社がある任天堂のファミリーコンピューターなどのゲーム機や、大阪に本社がある日清のカップヌードルなどのインスタントラーメンも関西で生まれた大ヒット商品です。これらをはじめ、引越しサービスやカラオケなどのサービス企業も関西の企業の発祥であり、利便さの他にも人々の娯楽を楽しむ商品などを世間に生み出してきました。関西地方の風土は、他の土地では見られない自由奔放で開放的な土地柄であるから故に、柔軟な発想を生み出す思考や発想を備え持ち、そして商人の町と言われた歴史的な文化を多く蓄積しています。

また、大阪の文化の一つにもなっているお笑いなどの芸能や、テレビでも取り上げられる事が多い関西に住んでいる人達の個性的なファッションセンスや食生活などの独創性にあふれた文化やアイデアが豊富にあります。それぞれ持っている個性で自分自身をアピールする風土なため、関西の企業は共存共栄などではなく強い力の企業だけが栄えるという良い意味でのがめつさも持ち合わせています。また、関西の企業はテレビCMなどで自社の商品や施設の紹介をする時には、凝りに凝った説明文でのアピールをするのではなく、キャッチコピーなどのインパクトで消費者の購買意欲を動かす企業もあります。

このように関西の企業には、他の地方にはない創造性や昔からある文化を活かす力、サービス旺盛な県民性、自社の商品は素晴らしいんだとのアピール力の強さで多くの関西の企業は活躍しています。