帝人

「だけじゃない、テイジン」、「んなことあるかも?テイジン」などの耳に残るキャッチフレーズをテレビCMで放送している帝人。
帝人は大阪の中央区と東京の千代田区の2つに本社を構えている日本大手の繊維事業会社です。繊維事業の他にも、電子材料・化成品、ヘルスケア、ITなどの幅広い事業を行っています。
帝人のこれまでの歴史はとても長く深いものであります。1915年に創業者である秦逸三と同じく創業者であった久村清太と共に山形県にあった米沢製糸工場を買い取り、東工場
米沢人造絹糸製造所を設立します。第一次世界大戦のなか、創業と共に業績を上げていき、1918年に株式会社に改め、帝国人造絹絲株式会社に社名を変更しました。
1933年に東京と大阪株式取引所に株式上場し1960年にはこの2つの土地を両方本社にする体制を設けました。そして2年後の1962年に現在の社名である「帝人株式会社」へと変更しました。
1970年代に入るとオイルショックが発生し事業拡大政策が頓挫してしまい、その上繊維不足もあいまって帝人は経営環境がとても厳しくなります。
ですが、医薬医療事業や炭素繊維などの高機能繊維の成長により、2000年度から2006年度の7期連続で営業増益記録を出しました。
多岐にわたる事業を行っていますが、創業当時からある繊維事業が売り上げの5割以上を占めており現在も繊維業界での第一線で活躍をしています。