ロート製薬

「ロート製薬」は本社が大阪の生野区にある大手製薬メーカーです。ロート製薬は創業100年以上経っている歴史ある会社で始まりは明治時代まで遡ります。
1899年にロート製薬の創業者である山田安民(やまだやすたみ)が、現在の大阪の東心斎橋に「信天堂山田安民薬房」を創業する事から始まりました。
安民は胃薬の「胃活」という商品を販売、万病の元は胃にあると確信を得て販売をしたところ「五大軍医犠製剤」と銘打って販売され売り上げを伸ばしていきました。
1909年の日露戦争後にはトラホームという慢性角結膜炎が流行しました。
そして目薬への需要が高くなっていた時にロート目薬を販売し、1931年にはロート目薬の容器を改良し「滴下式両口点眼瓶」という形での販売を行いました。
従来の目薬は綿棒に点眼液を染み込ませて目に垂らせたり、スポイトでの点眼などをしていましたが、この瓶の形はその手間が省かれた形であったので目薬業界に革命が起こりました。
1943年に創業者の安民は死去、会社の2代目店主を安民の息子で長男である輝郎(きろう)が就任し、1949年には創業50周年の節目に「ロート製薬株式会社」に改組しました。
1975年にはロート製薬の看板商品とも言える「メンソレータム薬用リップスティック」を販売し現在も人気のロングセラー商品になりました。
2000年代に突入すると、ロート製薬は目薬などの薬品関連以外にもスキンケアブランドも設立し様々なスキンケア用品を販売し始めました。
スキンケアの他にも化粧品も開発、販売しロート製薬の販売事業は拡大し続けています。