ミズノ

世界的に有名になったスポーツブランド「ミズノ」。このブランドも大阪から歴史が始まりました。
ミズノの経営理念は「より良いスポーツ品とスポーツの振興を通じて社会に貢献する。」とかかげており、世界中の人達にスポーツの喜びを伝えるべく活躍をしています。
1906年、創業者の水野利八と弟の利三の二人で大阪の北区に「水野商会」を創業し、洋品雑貨や野球ボールなどを販売しました。
翌年には運動服装のオーダーメイドも開始し、1910年には大阪の梅田新道に店舗を移転、そして「美津濃商店」と変更しました。1911年には運動用具の生産を計画も始めました。
東京に支店を開設するなどの軌道にのり、1914年には大阪の堂島に工場を開設して本格的なスポーツ用品を製造していきました。野球の他にもゴルフクラブ作りの計画を始動。
欧米に視察などをして1933年には日本初のゴルフクラブ「スターライン」を販売しました。堂島の工場以外にも東京や岐阜県の養老などにも工場を設立し事業の幅が拡大していきました。
1981年には「美津濃ランバード株式会社」を設立し、翌年の1982年には世界初のカーボンヘッド・ゴルフクラブ「バンガード」を販売し、そして同じ年にランバードのシューズも販売しました。
ミズノの勢いは国内だけに留まらず、香港・アメリカ・中国・オーストラリア・イタリア・韓国と様々な国でのミズノが設立され、世界中のアスリートの活躍をサポートしています。