ハウス食品

今や日本の国民食と言っても過言ではなくなっているカレーライス。自宅でカレーライスを作る時に使用する固形カレールウや、すぐ食べられるようになっているレトルトカレーなどがあります。
その中でも、ハウス食品の「バーモントカレー」を食べた人は多いのではないでしょうか。このバーモントカレーを開発したハウス食品は関西の企業で、本社は大阪の東大阪市にあります。
ハウス食品は、1913年に創業者である浦上靖介が大阪の松屋町に薬種問屋を創業したところから始まります。浦上が出張で購入した外国のカレー粉を日本人の味覚に合わせようと研究を始めます。
研究活動が軌道にのっていた時に別でカレー粉を販売していた会社と吸収合併し、1926年に今の東大阪市に工場を設立し生産を始めました。
しかし合併したカレー粉の商品名の商標権の問題が発生し商品名が使用できなくなりました。その時の浦上の妻が発した一言がきっかけで1928年に「ハウスカレー」に変更し販売を始めました。
ハウスカレーは発売当初は本社の社員が日本各地の百貨店に訪れて実演販売を行っていました。この販売方法が功を奏し、西洋料理店などでしか味わえなかったカレーを日本の食卓に広めて行く事ができました。
そして、1960年に「ハウスカレー浦上商店」から「ハウス食品工業」へと社名を変更し、現在のハウス食品に至っています。
1963年にはハウス食品の看板商品でもある「バーモントカレー」が発売され爆発的なヒット商品になり現在でも人気の食品でもあります。
他にも固形タイプのカレーやシチューの素を開発し、「とんがりコーン」などのスナック菓子や「フルーチェ」などのデザート商品も開発・販売を行い、現在も新しい商品開発を続けています。
ハウス食品の挑戦は止まる事を知らないでしょう。