ダスキン

お掃除用具や、幅広い年齢層に人気のドーナツ店「ミスタードーナツ」この2つの異なるジャンルを運営している「株式会社ダスキン」。
ダスキンの本社は大阪の北部にある吹田市にあります。便利な掃除用具のレンタル業務や、面倒なクーラーのフィルター掃除などのハウスクリーニングや
家事代行サービスも行っており、会社などの企業には社内の清掃業務で清潔な環境周りを作り上げ、玄関マットなどの設置をするなどして、様々な人達へ貢献しています。
1963年にダスキン創業者の鈴木清一が「株式会社サニクリーン」を設立し、翌年の1964年には現在の「株式会社ダスキン」へと社名が変更されました。
このダスキンという名前になった由来がいくつかあり、一つは日本語でほこりやゴミという意味を表す「ダスト」と日本語の「雑巾」を合わせて「ダスキン」となった説があります。
もう一つは経営理念の中にある「生まれ変わるチャンス」という言葉を「脱皮」と捉え、脱(だ)皮(英語でスキンとも言う)=ダスキンとなったという説もあります。
創業者の鈴木は経営理念と共に「喜びのタネをまこう」という理念も掲げています。そして、ダスキンを創業し1964年には掃除用具「ホームダスキン」を全国発売しました。
清掃用具の販売も行いながら1971年には、アメリカのミスタードーナツ・オブ・アメリカ社と提携をし、ドーナツ販売を行いました。
これが現在の「ミスタードーナツ」であり、ミスタードーナツの第1号店は大阪の箕面店にオープンし、現在も営業を行っています。